アトピーにおすすめの保湿剤

アトピーの保湿方法には、肌表面を覆って水分を逃がさないようにするものと角質細胞間脂質の隙間を埋めて細胞自らが水分を保持しようとするものの2つがあり、どちらも失われた肌のバリア機能を補う目的で行うものです。肌の表面に蓋をして水分の蒸発を防ぐものとしては、ワセリンが一般的です。純度の高いものであれば不純物による肌トラブルを起こすこともありません。べたつきがあるため、オイル系の方が使いやすいという方も多いようですが、オイル系保湿剤は、油分が毛穴を塞いでしまい、皮膚呼吸ができない状態が長く続くことになります。吹き出物などの原因にもなるため使用の仕方や使用後の洗い流しに注意が必要となります。

角質細胞間脂質の隙間を埋めて角質層の水分を保持するための保湿剤としては、ヒルドイドが代表的なものとして知られています。軟膏やローション、クリームなどさまざまなタイプがありますが、配合されている別の物質によってかぶれなどの症状が起こることもあるので、成分表示を確認することが大切です。アトピーの方は、肌のバリア機能が働いていないということを常に意識して、保湿とともに外出時の服装に留意したり、常に体を清潔にしたりすることを心掛けるようにしましょう。

 

Pocket

アトピー症状に合わせた保湿

アトピーは、肌本来が持つ保湿力であるバリア機能が失われている状態にあるため、肌表面からの異物の侵入や細菌の繁殖とともに角質層からの水分の蒸発が連続して起きるため、乾燥しやすく、症状を悪化させることがあります。そんな際に、保湿剤を使用するとスキンケアすることで症状の悪化を防いだり、かゆみを和らげたりすることができます。アトピーの治療ではステロイド系の外用薬を処方されることがありますが、あくまでも炎症を抑えるための対処療法であり、それでアトピーが完治するということはありません。長期間の使用では副作用などのリスクも考えられるため、炎症が収まったら、通常の保湿剤に切り替えていくことが大切です。

アトピーには軽症のものから重症化したものまで、程度に違いがあり、保湿の仕方も変わってきます。傷がなく乾燥の症状ができる程度の軽い乾燥肌の場合は、化粧水で水分を補給したあとに、クリームで蓋をします。
また化粧水をつける前に、肌の吸水力を高めるケア用品なども使用してあげると保湿状態の維持がされやすくなりますのでアトピーの方にもオススメなスキンケア方法です。傷や炎症はみられないものの乾燥がひどいカサカサ肌の場合は、化粧水やクリームを塗ったうえに、ワセリンやシアバターなどの固形オイルやホホバオイルのような粘着性のあるオイルを薄く塗って乾燥を防ぎます。

傷や炎症などがある場合は、オイル系がおすすめとなりますが、重症化していることが考えられるため、皮膚科を受診して医師の処方する薬を塗ることが優先されます。

Pocket

肌が水分を保持する仕組み

角質細胞は、髪の毛の成分と同様の硬いケラチンタンパク質から構成されています。人の肌に触れたときに柔らかく感じるのは、角質層に多くの水分が含まれているからであり、水分が十分に保持されているからこそ、肌なのなめらかさやキメの細かさなどを維持することができるのです。皮脂や天然保湿因子、角質細胞間脂質の3つの保湿因子がバランスよく保たれていることによって乾燥肌にならずにみずみずしさを維持することができています。加齢によって保湿因子が減少すると角質層から水分が蒸発して乾燥肌や皮脂欠乏症などになることがあります。

秋から冬にかけて湿度が低くなると、肌がつっぱって乾燥した状態になるのは誰もが経験していることでしょう。空気中の湿度が50%以下になると角質層の水分が急激に蒸発しやすくなると言われており、肌のつっぱりを感じたときには、10%以下に肌の水分量が低下していることもあります。また、洗浄力の強いボディソープで体を洗うと、必要な皮脂や角質細胞間脂質も流れてしまい、肌が乾燥してしまいます。健康な肌でもこのような状態になるので、肌のバリア機能が失われているアトピーの方に、どれだけ保湿が大切かということが理解できるでしょう。

Pocket

アトピーには保湿が必要

スキンケアの基本は保湿であるとよく言われています。これは、肌の美しさを左右する肌の弾力性やハリ、なめらかさを保つには水分が不可欠となるからです、角質層にいかに潤いが保たれているかによって肌の状態が決まると言ってもいいほどで、水分が不足すると乾燥肌や吹き出物などの肌トラブルが生じることになります。角質層は、ラップと同じような薄さのなかに角質細胞がブロックのように10~20層も積み重なった状態で、外部からの異物の侵入を防ぎながら、同時に内部からの水分の蒸発を防いでいます。物理的な刺激への強さが求められる手のひらや足の裏は角質層がとても厚くなっています。コラーゲンなどの美肌にいい成分が肌の奥まで浸透しづらいのも、この角質層の働きによるものです。

健康な肌は、水をはじき、油や汚れなどがついてもそのまま肌に浸透していくことはありません。これは、肌に異物や細菌などが侵入してこないように肌のバリア機能が働いているからです。テカリの原因ともなり、女性に嫌われることが多い皮脂ですが、天然のクリームとも言われ、肌の表面を覆うことで、水分の蒸発を防ぐとともに肌の表面を滑らかに維持する働きを担っている大切なものなのです。汗や皮脂が混ざり合ってできる皮脂膜によって、肌を弱酸性に保ち、細菌の繁殖も防いでくれています。アトピーになると、この肌のバリア機能が大きく低下して異物が侵入しやすくなるとともに水分が蒸発しやすい状態になるため、適切に肌の保湿を行うことが大切となります。

Pocket