アトピーの保湿方法には、肌表面を覆って水分を逃がさないようにするものと角質細胞間脂質の隙間を埋めて細胞自らが水分を保持しようとするものの2つがあり、どちらも失われた肌のバリア機能を補う目的で行うものです。肌の表面に蓋をして水分の蒸発を防ぐものとしては、ワセリンが一般的です。純度の高いものであれば不純物による肌トラブルを起こすこともありません。べたつきがあるため、オイル系の方が使いやすいという方も多いようですが、オイル系保湿剤は、油分が毛穴を塞いでしまい、皮膚呼吸ができない状態が長く続くことになります。吹き出物などの原因にもなるため使用の仕方や使用後の洗い流しに注意が必要となります。

角質細胞間脂質の隙間を埋めて角質層の水分を保持するための保湿剤としては、ヒルドイドが代表的なものとして知られています。軟膏やローション、クリームなどさまざまなタイプがありますが、配合されている別の物質によってかぶれなどの症状が起こることもあるので、成分表示を確認することが大切です。アトピーの方は、肌のバリア機能が働いていないということを常に意識して、保湿とともに外出時の服装に留意したり、常に体を清潔にしたりすることを心掛けるようにしましょう。

 

Pocket