アトピーは、肌本来が持つ保湿力であるバリア機能が失われている状態にあるため、肌表面からの異物の侵入や細菌の繁殖とともに角質層からの水分の蒸発が連続して起きるため、乾燥しやすく、症状を悪化させることがあります。そんな際に、保湿剤を使用するとスキンケアすることで症状の悪化を防いだり、かゆみを和らげたりすることができます。アトピーの治療ではステロイド系の外用薬を処方されることがありますが、あくまでも炎症を抑えるための対処療法であり、それでアトピーが完治するということはありません。長期間の使用では副作用などのリスクも考えられるため、炎症が収まったら、通常の保湿剤に切り替えていくことが大切です。

アトピーには軽症のものから重症化したものまで、程度に違いがあり、保湿の仕方も変わってきます。傷がなく乾燥の症状ができる程度の軽い乾燥肌の場合は、化粧水で水分を補給したあとに、クリームで蓋をします。
また化粧水をつける前に、肌の吸水力を高めるケア用品なども使用してあげると保湿状態の維持がされやすくなりますのでアトピーの方にもオススメなスキンケア方法です。傷や炎症はみられないものの乾燥がひどいカサカサ肌の場合は、化粧水やクリームを塗ったうえに、ワセリンやシアバターなどの固形オイルやホホバオイルのような粘着性のあるオイルを薄く塗って乾燥を防ぎます。

傷や炎症などがある場合は、オイル系がおすすめとなりますが、重症化していることが考えられるため、皮膚科を受診して医師の処方する薬を塗ることが優先されます。

Pocket